日本クレア株式会社 トップ > プロモーション情報 > プロモーション(日本語) > ヒト類似の筋ジストロフィー発症機序:B10-mdxマウスのご紹介

ヒト類似の筋ジストロフィー発症機序:B10-mdxマウスのご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒト類似の筋ジストロフィー発症機序:B10-mdxマウスのご紹介
※新商品 2021年10月 販売開始

このB10-mdxマウスは特にエクソン・スキッピング創薬研究において有効です


本モデルはB10系近交系マウスの突然変異として1978年に発見されました。

特徴:
  • 発症機序がヒトに類似(遺伝子のナンセンス変異によりジストロフィン合成が不完全)
  • マーカーとなる血中クレアチンキナーゼ(CK)が有意に高値
  • 関連データが多数発表されている

よって特にエクソン・スキッピング創薬研究において広く活用され、その有効性が確認されています。以下にその詳細情報をご紹介します。

目次:

機序

特徴  
    ・血液生化学値
  ・後肢筋線維化率  
  ・病理組織学的考察  

論文

由来

お問い合わせ



◆機序

C57BL/10-mdx(B10-mdx)マウスの発症機序は筋細胞膜のジストロフィンをコードする X染色体連鎖遺伝子(Dmd)の変異に起因します。DMD原因遺伝子エクソン23にナンセンス変異を持ち、ジストロフィンの合成が不完全となります。

遺伝子図解:

ヒト遺伝子図解



マウス遺伝子図解

B10-mdxマウスの筋変性は生後3~5週令時に最大に達し、その後は再生と変性が繰り返されます。ヒトの病態と比較するとその機序は類似しますが筋力低下の度合いは軽度です。

またDMDにおいて特徴的な筋線維化を反映する血中CK(クレアチンキナーゼ)の値はC57BL/10ScN(B10)マウスと比較し有意に高値を示します。

その他特徴として臨床的に致死的なヒトのDMD患者と異なり、B10-mdxマウスは長期生存が可能となります。

ヒト類似となる機序は以下をご覧ください。

◆特徴

血液生化学値:     
  血液生化学値
  数値は平均値±標準偏差を示す。  
  ※同週齢の背景系統マウスとの間に統計学的有意差あり(P <0.01)    

  採血部位:腹大動脈  
  計測機器:Automated clinical analyzers BioLiS 24i Premium(東京貿易メディシス(株))  
  日本クレア株式会社 技術部にて測定を実施

B10-mdxマウスはDMDにおいて特徴的な筋線維化を反映する血中CK(クレアチンキナーゼ)が高値を示す他、筋障害の指標となるLDH(乳酸脱水素酵素)、ASTおよびALT(肝酵素)も正常値の数倍ないし数十倍に上昇しています。


後肢筋線維化率:     
  後肢筋線維化率
  棒グラフは各筋組織における線維化率の平均値を表す。

  B10-mdxマウスは主要な後肢筋(大腿直筋、前脛骨筋、腓腹筋)においてB10マウスより優位に線維化します。

病理組織学的考察:
 HE染色 
 HE染色全体
 下記におきまして修飾と筋線維の再生・筋線維の変性・壊死の詳細を御覧ください。

修飾と筋線維の再生(拡大写真):
  修飾と筋線維の再生(拡大写真) 
  • 壊死線維が筋衛星細胞やマクロファージ等の単核細胞で満たされている。
  • 分化した筋芽細胞の増殖が見られる。
  • 増殖した筋芽細胞が、筋線維中央で密に並んで融合している。


筋線維の変性・壊死(拡大写真): 
  筋線維の変性・壊死(拡大写真): 
  • 筋形質の崩壊を伴った分節状の変性、壊死。
  • 壊死筋線維は数本の群をなして認められる。

Anti-dystrophin 免疫染色*
  
  • B10-mdxマウスの筋形質膜において、ジストロフィン蛋白の発現を認めず。
 *上HE染色写真と組織部位ならびに倍率が異なる。

 関連論文は以下をご覧ください。

◆論文

B10-mdxマウスについて:
  • マウスのX染色体に筋ジストロフィーに関わる遺伝子変異mdxが存在する
        Bulfield G, et al., Proc Natl Acad Sci USA.1984; 81: 1189-1192.

  • mdxマウスにおける筋ジストロフィーは点突然変異に起因する 
       Sicinski P, et al., Science. 1989; 244: 1578-1580.


関連論文:
  • B10-mdxマウスを用いた前臨床試験の評価方法
        Spurney CF, et al., Muscle Nerve.2009 May; 39(5): 591–602.

  • 筋ジストロフィーモデルマウスの概要 :多様なモデル
        van Putten M, et al., Dis Model Mech.2020 Feb 21;13(2): dmm043562.


◆由来

C57BL/10-mdx(B10-mdx)マウスはヒトのDuchenne型筋ジストロフィー(DMD)のモデルマウスです。本モデルはC57BL/10系近交系マウスの突然変異種として1978年に英国Agricultural Research Council's (ARC)Poultry Research CentreのDr. Bulfieldらによって発見されました。

その後Bulfieldから1983年に(公財)実験動物中央研究所の江崎孝三郎博士により導入され維持されました。2021年に同所から(F?+62)世代で日本クレアへ移管され、当社での生産を開始しました。


2021年10月より、日本クレアから販売いたします。

 ▼商品ページこちら
 B10-mdx 商品ページ用画像


       ▼PDF版はこちら▼
 PDF版ダウンロード

◆お問い合わせ

 お問い合わせ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。