• New Discovery,
    from Reproducible and Reliable Qualities

    We are a total system supplier of laboratory animals, their diets and equipment,
    to support bioscience research and development
    with a vision of “health, welfare, and environment of human”.

  • New Discovery,
    from Reproducible and Reliable Qualities

    We are a total system supplier of laboratory animals, their diets and equipment,
    to support bioscience research and development
    with a vision of “health, welfare, and environment of human”.

  • New Discovery,
    from Reproducible and Reliable Qualities

    We are a total system supplier of laboratory animals, their diets and equipment,
    to support bioscience research and development
    with a vision of “health, welfare, and environment of human”.

News Release

(Mixed with Japanese)

2019/11/11
トピックス「第31回 日本糖尿病性腎症研究会」 2019年11月30日(土)~12月1日(日)、岡山県岡山市北区駅元町14番1号 岡山コンベンションセンターにて弊社動物SDT fatty ラット関連2演題の発表を行います。
演題1: 「DapagliflozinあるいはDapagliflozinとRamiprilの併用投与が糖尿病モデルSDT fattyラットの腎症に及ぼす影響 」
演題2: 「肥満2型糖尿病モデルSDT fattyラットの腎臓におけるSGLT2の発現および病態の解析」
第31回日本糖尿病性腎症研究会のWeb siteはこちらをクリック
2019/10/15
トピックス「Kidney Week 2019」 2019年11月5日(火)~10日(日), ワシントンDC・ Walter E. Washington Convention Center にて弊社動物SDT fatty ラット関連2演題の発表を行います。
演題1: 「Adding Empagliflozin to Linagliptin ameliorate interstitial fibrosis in SDT-fatty rat
演題2: 「Effect of canagliflozin on glomerular hyperfiltration evaluated by transcutaneous GFR monitor in SDT-fatty rats
Kidney WeekのWeb siteはこちらをクリック
2019/09/18
トピックス「日本実験動物飼料協会賞」受賞:この度、弊社、後藤らによる下記発表が日本実験動物飼料協会賞を受賞したことをお知らせ致します。
受賞発表:『γ線滅菌飼料を与えた無菌およびSPFのJcl:MCH(ICR)マウスにおける血液データの比較解析(第52回 日本実験動物技術者協会総会 ポスター発表:P-36)』

授賞式は2019年10月25日(金)、松山市で開催される第53回 日本実験動物技術者協会総会 第22回業界アワードlにて行われます。

Promotion Information

We present promotions of our latest experimental animal models
and related diets, equipment, and research services.

To Promotion list

Merchandise Information

CLEA Japan, Inc. provides extensive merchandises and services related with experimental animals comprehensively
based on the long and wide experimental animal production experiences.

Experimental Animals

CLEA Japan, Inc. provided SPF animals to animal experiments for the first time in Japan. Based on the long experience of establishing methods and technics, we can provide high quality animals, one of the most reliable in the world. 
Microbiological Analysis

To Experimental Animals

Diets

We have developed and improved various diets for experimental animals that can be adapted for the studies, using experimental animals. We have always continued efforts to maintain our product quality to improve research reliability.
Diet Analysis

To Diets

Equipment

CLEA Japan, Inc. has joined many experimental animal facility contractions, safety plans, streamlinings, and energy-conserving projects comprehensively. Based on these experiences, we have also developed and supply facility equipment and tools.

To Equipment

Services

CLEA Japan, Inc. has provided contract research services by utilizing a lot of experience with animal strain development, microbiological control, and various monitoring technologies as well as many findings and related data of animal diets and equipment.

To Services

About CLEA Japan, Inc.

CLEA Japan, Inc. contributes to society as the theme of “Healthy and Bright Society” by supplying high quality experimental animals and related products to pharmaceutical companies, food companies, universities and colleges, and research institutes.

Company Information

会社概要

Get the real taste and understanding of CLEA Japan, Inc. by our President greeting, Company Info., and History.

To Company Information

UPDATE

(Mixed with Japanese)

2019/04/25
製品情報実験動物用飼料の基準値および分析内容の変更に関する件
2019/04/23
製品情報生産動物の系統名表記変更に関するお知らせ
2019/03/25
会社情報GW期間中に関するお知らせ
2019 年ゴールデンウィーク期間中の営業・配送体制に関するお知らせ
2019/03/01
会社情報株式譲受に関するお知らせ
九動株式会社(本社:佐賀県鳥栖市、 代表取締役:鶴田光利)の全株式を譲受ける株式譲渡契約書を締結し、全株式を譲受け、当社の 100%子会社になりましたことを、お知らせいたします。
2018/12/27
トピックスエクスポアーの販売終了について
弊社が販売しております殺菌剤エクスポア―を在庫が無くなり次第販売終了とさせていただきます。

NEWS RELEASE

(Mixed with Japanese)

2019/11/11
トピックス「第31回 日本糖尿病性腎症研究会」 2019年11月30日(土)~12月1日(日)、岡山県岡山市北区駅元町14番1号 岡山コンベンションセンターにて弊社動物SDT fatty ラット関連2演題の発表を行います。
演題1: 「DapagliflozinあるいはDapagliflozinとRamiprilの併用投与が糖尿病モデルSDT fattyラットの腎症に及ぼす影響 」
演題2: 「肥満2型糖尿病モデルSDT fattyラットの腎臓におけるSGLT2の発現および病態の解析」
第31回日本糖尿病性腎症研究会のWeb siteはこちらをクリック
2019/10/15
トピックス「Kidney Week 2019」 2019年11月5日(火)~10日(日), ワシントンDC・ Walter E. Washington Convention Center にて弊社動物SDT fatty ラット関連2演題の発表を行います。
演題1: 「Adding Empagliflozin to Linagliptin ameliorate interstitial fibrosis in SDT-fatty rat
演題2: 「Effect of canagliflozin on glomerular hyperfiltration evaluated by transcutaneous GFR monitor in SDT-fatty rats
Kidney WeekのWeb siteはこちらをクリック
2019/09/18
トピックス「日本実験動物飼料協会賞」受賞:この度、弊社、後藤らによる下記発表が日本実験動物飼料協会賞を受賞したことをお知らせ致します。
受賞発表:『γ線滅菌飼料を与えた無菌およびSPFのJcl:MCH(ICR)マウスにおける血液データの比較解析(第52回 日本実験動物技術者協会総会 ポスター発表:P-36)』

授賞式は2019年10月25日(金)、松山市で開催される第53回 日本実験動物技術者協会総会 第22回業界アワードlにて行われます。
2019/08/17
トピックス「第34回日本糖尿病合併症学会・第25回日本糖尿病眼学会総会」 2019年9月27日(水)~28日(金), 大阪国際会議場にて弊社動物SDT fatty ラット関連2演題の発表を行います。
演題1: 「Psontaneously Diabetic Torii fatty ラット網膜における炎症性サイトカインの発現解析」 演題2: 「肥満2型糖尿病モデルSDT fattyラットにおけるDapagliflozin単剤およびRamiprilとの併用投与による腎症改善効果の検討」
2019/08/09
トピックス「第53回日本実験動物技術者協会総会」 2019年10月24日(木)~26(土)、松山市総合コミュニティセンターにてポスター発表を実施します。
演題名:ストレプトゾトシン(STZ)誘発性Ⅰ型糖尿病モデル、マウス作製の条件検討とその生存率について 発表者:○後藤貴之、伊藤美穂、森川美幸、北岡浩司(日本クレア㈱技術部)

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
We accept your inquiry about our animals, diets, tools, and services from here.

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
Please feel free to contact us.