日本クレア株式会社 トップ > プロモーション情報 > プロモーション(日本語) > 脳梗塞モデルマウス(C.B-17)のご紹介(高い再現性・生存率を実現)|日本クレア

脳梗塞モデルマウス(C.B-17)のご紹介(高い再現性・生存率を実現)|日本クレア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳梗塞モデルマウス(C.B-17)のご紹介(高い再現性・生存率を実現)|日本クレア

日本クレアでは、外科処置による非常に高い再現性及び長期保存(最大180日間)という利点を活かし実験的処置の治療効果、副作用の評価が可能な脳梗塞モデルマウス(C.B-17)の取扱いしております。


目次:

 ◆ 作出方法                                            

 ◆ 背景

 ◆ 特徴 

 ◆ 参考文献

 ◆ お問合せ


◆作出方法

改良Tamura 法を用い、SCIDマウス(FOX CHASE SCID C.B-17/Icr-scid/scidjcl)およびC.B-17マウス(FOX CHASE SCID C.B-17/Icr-+/+Jcl)のMCA(中大脳動派)に直接電気凝固を施し結紮を行う脳梗塞モデルを作り出します。




◆背景

従来の脳梗塞モデルは動物間及び研究施設間でかなりのバラつきがあり、再現性に乏しく、虚血ゾーンの再現性における問題点がありました。また、再現性が見られるモデル動物でも長期間共存することができず、有効な実験を継続して実施することができませんでした。

そのため、薬剤投与の慢性期予後に与える効果が判定できないだけでなく、脳梗塞発症後の脳機能の改善の実験を実施することが不可能でした。

本モデルマウスはそれらの問題を解決すべく、良好な虚血ゾーンの再現性及び長期生存という利点を併せ持つモデルとして、兵庫医科大学の松山 知弘 教授によって開発された外科処置による脳梗塞モデルマウスです。

 

◆特徴

  • 大脳皮質梗塞領域の再現性が高く、少数で治療効果スクリーニングが可能
  • 長期生存(最大180日)し、慢性期の実験的処置治療の効果と副作用の評価が可能
  • 局所永久虚血のモデルとして、部分的にヒト脳梗塞を模倣
  • 免疫不全SCIDマウスを用いたモデルで、異種由来細胞治療の評価が可能



高い再現性

MCA(中大脳動脈)の遠位部分に直接電気凝固を施し結紮を行うと、SCIDおよびC.B-17マウスでは高い再現性のある選択皮質梗塞が誘導されます。


脳梗塞作製24時間後の組織イメージ(TTC染色)


・C.B-17マウスの個体には大脳皮質選択的に再現性の高い壊死が見られます。



・C57BL/6マウスではバラつきが有り再現性が乏しい



高い長期生存率(180日)

慢性期(最大180日間)で高い共存率を有する再現性のある大脳皮質梗塞を示します。マウス16匹において脳梗塞を作製した後の90日及び180日における生存率は、それぞれ100%(16/16)および94%(15/16)で高い生存率を示します。


◆参考文献

↓C.B-17脳梗塞モデルマウスの説明pdfはこちらをクリック
 



◆お問合せ
資料請求、見積もり、その他質問がございましたら、ぜひ下記よりお問合せ下さい。



C.B-17 説明ページ

東京AD部   TEL: 03-5704-7050
大阪AD部  TEL: 06-4861-7101
札幌出張所  TEL: 011-631-2725
仙台出張所  TEL: 022-352-4417

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。