C.B-17/Icr-scid/scidJcl

実験動物/免疫不全モデル/

C.B-17/Icr-<i>scid/scid</i>Jcl

Ordering name: C.B-17/Icr-scid/scidJcl
Nomenclature: CB17/IcrJcl-Prkdcscid
維持形態:生体コロニー

由来

Igh遺伝子座が異なるBALB/cAnのコンジェニック系であるC.B-17/Icrマウスに、ヒトの重症複合型免疫不全症(Severe combined immunodeficiency;scid)に類似した症状を呈するミュータントをFOX CHASEガンセンターのDr. M.J.Bosmaらが発見し、その形質は単一劣性遺伝子の支配を受けていることから、その遺伝子をscidと命名しました。同ガンセンターとの契約の後、当社で生産・供給を開始しました。

特徴

ホモ個体(scid/scid)は機能的なT細胞、B細胞が欠如しているため、細胞免疫に加えて免疫グロブリンもほとんど産生されず、ヒトの重症複合型免疫不全症と類似した症状を呈します。

用途

  • 各種免疫研究
  • ヒト造血細胞やヒト腫瘍細胞の移植等を利用した研究
  • 微生物学研究等

背景データ (体重・血液性状・血液生化学・器官重量)

プロモーション情報

 

商材検索