1. 日本クレア株式会社 トップ
  2. メディア 2nd ページ集
  3. マイクロバイオーム受託業務
  4. 委託試験のお見積り|マイクロバイオーム試験受託

受託試験のお見積り

マイクロバイオーム研究委託試験のお見積り(概算)

 

各種の試験をお受けします。その都度お見積りをご依頼ください。

簡単なプロトコールをご提示いただければ、概算のお見積りを提示いたします。

また、実験プロトコール作成についてもご相談、お打合せに応じます。

まずはご一報ください。

 

 

 

■ 試験例:アイソレータ 3台を使用し、それぞれ別の菌を移植し、実験処置後に解剖し、各種臓器等を採材する場合の積算見積

 

 
委託試験のお見積り(概算)

無菌マウス(Gf)に対象となる菌(A,B)を移植し、宿主への影響を解析します。
Control群を無菌マウスとしていますが、3群を一定の菌叢をつけたノトバイオートマウスとする場合もあります。
例えば、Gfの代わりに1匹のSPFマウスの糞便を3群のGfマウスに移植し、これに対象菌を移植する方法や、特定の菌叢を入れたノトバイオートマウスをコントロールとする方法があります。

 

 

その他の実験

  • 健常人と疾患患者の糞便移植、あるいは健常人の菌叢移植マウスをコントロールとして患者に特徴的な菌の移植の影響を解析する方法など。疾患患者には投薬の影響を考慮する必要があります。

  • 患者に優位な菌のSPFまたは、疾患モデルへの移植
    この場合、SPFや疾患モデルマウスの菌叢は、一定でないことを考慮する必要があります。

  • 抗生物質を用いて、マウスの腸内細菌を減少させる方法もありますが、抗生物質の効果は、長くありません。また、投与された抗生物質がマウスに影響を与えることを考えると、無菌マウスを使う実験を推奨します。当社の無菌マウスはICRまたは、近交系(C57BL/6N,BALB/cA)であり、出荷前に必ず無菌検査を実施しています。

 

 

 

マウスを用いた実験
 使用動物代   無菌マウス   
   MCH(ICR)/Jcl[Gf]   @11,390 円/匹∼ 
   C57BL/6NJcl [Gf]・BALB/cAJcl [Gf]   @25,300 円/匹∼
   SPFマウス  @     980 円/匹∼

ビニールアイソレーター使用料  @330,000 円/月~

上記に下記オプション料金が加算されます。

オプション
・投与、体重測定、体温測定、採血、採糞、臓器採材、行動解析、
 特殊飼料給餌、糞便性状確認等
・菌叢解析 / 短鎖脂肪酸解析:免疫機能解析(腸管免疫研究所HP参照)
・代謝機能、神経機能解析 

 

  • 同一アイソレータには、同じ菌叢を持つマウスのみ飼育します。
  • 1アイソレータには、最大8ケージ(3~5匹/ケージ)のマウスを飼育可能です。
    ※週令や飼育期間によって変わります。
  • 糞便検体は、投与液を1アイソレータ分毎に分注し、2重袋に入れて提供ください。
    ※通常の便検体等の投与量は100μl/匹です。
  • 単独飼育用ケージも使用可能です。
    ※その場合の収容数は10匹/VIまで。
  • 実験処置は、ビニールアイソレータ越しに行うため、細かな作業についてはできない場合があります。ご相談下さい。
  • 摂餌量、摂水量の測定は、こぼし量の測定ができない為、概算量として測定します。



簡単なプロトコールをご提示いただければ、概算見積もりを作成いたします。

 

 

 

注文から試験開始までのバナー

これから始まるマイクロバイオーム研究 5つのポイント

免疫機能解析(協力:腸管免疫研究所)バナー

関連商品バナー

 



■ お問い合わせ


お問い合わせはご担当者とご相談ください。

東京AD部  03-5704-7123
大阪AD部 06-4861-7101
仙台出張所  022-352-4418

 

▼ メールでのお問い合わせ
お問い合わせ



▼ 株式会社腸管免疫研究所
株式会社腸管免疫研究所

 

マイクロバイオームトップページ

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。