日本クレア株式会社 トップ > プロモーション情報 > プロモーション(日本語) > マウス・ラット用の高脂肪食飼料:糖尿病・肥満研究用 High Fat Diet 32(HFD32)のご紹介

マウス・ラット用の高脂肪食飼料:糖尿病・肥満研究用 High Fat Diet 32(HFD32)のご紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マウス・ラット用の高脂肪食飼料:糖尿病・肥満研究用 High Fat Diet 32(HFD32)のご紹介
「マウス・ラットの高脂肪食は油脂添加量が低すぎて使用しづらい」という悩みに答えます。
日本クレアでは今までの油脂添加の限界値20%を32%まで増量し、固形化する事に成功しています。
肥満研究等の食餌誘導試験に、日本クレアHigh Fat Diet 32をぜひご検討ください。


目次:
開発経緯
特徴
形状・容量
注意事項(冷凍保存、使用期限2日間)
参考データ
その他High Fat Diet 32の試験データ
 ・高脂肪食給餌マウスへの濃度の異なるショ糖液投与が耐糖能に及ぼす影響 
 ・高脂肪食給与マウスの明暗周期の違いが耐糖能に及ぼす影響
 ・高脂肪飼料への放射線滅菌の有無が保存性に及ぼす影響


日本クレアHigh Fat Diet 32に関する問い合わせはこちらからお願い致します。



◆開発経緯


これまでマウス・ラット用の高脂肪飼料は、油脂の添加量が20%を超えると固形化が困難となり、
粉末試料として調整されていました。また油脂添加量20%以下で固形高脂肪飼料を入手の場合にも、
海外メーカーから輸入もしくは自作調整するしかありませんでした。

そこで日本クレアでは従来困難であった高脂肪飼料の固形化に取り組み、国内メーカーで初めて
粗脂肪含量役32%の固形高脂肪飼料「High Fat Diet 32」の製品化に成功しました。


◆特徴

HFD32は粗脂肪含量32%、総エネルギー中の脂肪由来のカロリー比(Fat kcal%)が約60%の超高脂肪飼料となります。
従来、同レベルの高脂肪含有飼料は粉末飼料でのみ提供されていましたが、より使いやすいペレット形状になっています。
腹腔内脂肪の蓄積が顕著にみられることから、糖尿病研究以外に肥満研究用としても有効です。


◆形状・容量

High Fat Diet 32 形状・容量
ペレット状(直径12.5mm)
梱包:3kg要りダンボール(500g入り袋x6個)


◆注意事項

・冷凍保管
High Fat Diet 32 保管方法
High Fat Diet 32は常温では非常にもろく、十分な硬度を維持出来ず、また油脂の酸化が進みやすいです。
納品は製造直後からの冷凍保管(-20℃)し、冷凍状態にて搬送します。保管は冷凍庫でお願いします。
また動物への給餌は-20℃保管の場合は1時間、-80℃の場合は3時間を目安に室温に戻してから行って下さい。
・飼料の交換
給餌したHigh Fat Diet 32の交換は2日以内に行ってください。


◆参考データ

C57BL/6]]cl、KK-AY/TaJclの♂4週齢を各系統2群(High Fat Diet 32、CE-2(通常食))に分ける。
5週齢から12週齢まで自由摂取。体重測定は毎週。経口負荷試験と解剖を12週齢時に実施
経口負荷試験は20時間絶食後、グルコース溶液(2g/kg体重)を経口投与し、投与前(0分)、
投与後30、60、120分に尾静脈より採血し血糖値測定
C57BLとKK-Ayマウスの各参考データ

C57BLとKK-Ayマウス体重変化


Hight Fat Diet 32 の配合組成


◆その他High Fat Diet 32の試験データ

・高脂肪食給餌マウスへの濃度の異なるショ糖液投与が耐糖能に及ぼす影響

                                               ※各試験群の肝組織写真

各試験群の肝組織写真


High Fat Diet 32給餌に加え更にショ糖および果糖液を手法を変えて給水し、マウスにどの様な
変化が見られるか観察しました。
高脂肪食給与マウスへの濃度の異なるショ糖液投与が耐糖能に及ぼす影響(PDF)


・高脂肪食給与マウスの明暗周期の違いが耐糖能に及ぼす影響

                                                ※血糖上昇曲線下面積

高脂肪食給与マウスの明暗周期の違いが耐糖能に及ぼす影響


メタボリック・シンドロームの朝型・夜型の比較をマウスにより検討。High Fat Diet 32を給餌しつつ、
マウスに適した明暗周期を変えることにより、サーカディアンリズムを変調して検討しました。
高脂肪食給与マウスの明暗周期の違いが耐糖能の及ぼす影響(PDF)

・高脂肪飼料への放射線滅菌の有無が保存性に及ぼす影響

                                    ※酸化(AV)および過酸化物価(POV)の変化

高脂肪飼料への放射線滅菌の有無が保存性に及ぼす影響


High Fat Diet 32に放射線滅菌を施すと各栄養成分がどの様に影響し保存性の違いを及ぼすのかについて解析しました。
高脂肪飼料への放射線滅菌の有無が保存性に及ぼす影響(PDF)


日本クレアHigh Fat Diet 32に対する問い合わせはこちらからお願い致します。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。