日本クレア株式会社 トップ > プロモーション情報 > プロモーション(日本語) > Syngeneic(担癌)マウス作成・販売のご紹介 - 癌の免疫療法に基づくin-vivoでの機序解明、基礎研究に最適

Syngeneic(担癌)マウス作成・販売のご紹介 - 癌の免疫療法に基づくin-vivoでの機序解明、基礎研究に最適

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Syngeneic(担癌)マウス作成・販売のご紹介 - 癌の免疫療法に基づくin-vivoでの機序解明、基礎研究に最適

■マウス免疫システムでの癌免疫治療を試験可能。日本クレアのSyngeneic(担癌)マウス



免疫本来の力を回復させてがんを治療するがん免疫療法は、近年のがん治療における新たな潮流となりつつあります。日本クレアでは東北大学加齢医学研究所医用細胞資源センターと契約の元、その機序・基礎研究において有効となる、マウス免疫機能をそのままにしたSyngeneic(担癌)マウスモデルを国内で作製・販売致します。

■特徴



日本クレアのSyngenic担癌マウスは、他のマウス腫瘍株移植のSyngenic担癌マウスと比べ『2つの“可能”』、言い方を変えると『4つの“不要”』が大きな特徴として挙げられます。

2つの”可能”

一般販売動物と同様に購入可能
面倒な契約手続き・微生物統御・外科処置作業は全てクレアが対応します。

迅速・柔軟・コストを抑えたな提供が可能
生育場隣接となる日本クレア・富士宮技術サービスセンターで臨機応変に作製。国内生産の為迅速に対応、輸送も通常通りとなります。


4つの”不要”

マウス腫瘍株の入手不要
ラインナップの腫瘍株取得におけるMTA契約は日本クレアが代行致します。

腫瘍株の微生物クリーニング作業不要
日本クレア納品の担癌マウスはすべて当社基準のSPFレベルです。殆ど全ての動物施設に導入可能です

担癌マウス作製作業不要
ご希望のマウス癌細胞を移植して提供します。マウスモデル作製のいかなる作業も不要です。

輸入コスト不要
全ての作業行程が国内で完了します。

■日本クレアのSyngeneic(担癌)マウスのラインナップ



日本クレアでは現在下記の担癌マウスを作製・提供可能です。
 TKG No.   細胞名   細胞の種類 
0168 P815 マストサイトーマ 
0144 B16 メラノーマ
0347 B16F1 メラノーマ
0348 B16F10 メラノーマ
0150 EL4 白血病
0154 L1210 白血病
0326 P388 白血病
0158 Meth-A 線維肉腫
0173 S180 肉腫
0147 Ehrlich 乳癌
0151 FM3A 乳癌


※この他の腫瘍株も準備出来る可能性がございます。ぜひお問合せ下さい。
※腫瘍株の詳細情報は東北大学加齢医学研究所・医用細胞資源センターのウェブページをご確認下さい。

■納期状況・見積もり請求等のお問合せ



こちらのフォームにてお気軽にお問合せ下さい。

※腫瘍株・動物種の在庫状況によって納期は変わります。
※受注匹数によって単価が変動するシステムにしています。

■モノクローナル抗体作製



がん療法の研究において抗体の果たす役割は益々増加しています。弊社ではSyngenic(担癌)マウスモデルとともに、機序・基礎研究に用いるマウス抗体の作製も承っております。長年培った動物処置技術と細胞培養技術を駆使し、短期間で確実にお客様にご満足いただけるモノクローナル抗体を作製致します(成功報酬制) 少量・多種類の抗体作製も承りますので、お気軽にお問合せ下さい。

モノクローナル抗体作製サービスのページはこちらをクリック

お問合せはこちら

■背景



抗PD-1抗体の上市以降、免疫機構を利用してがん細胞を攻撃する免疫療法は、手術や抗がん剤、放射線に続く第4の治療として注目され、研究が活発に行われています。このニーズに応え、日本クレアは東北大学加齢医学研究所医用細胞資源センターと業務提携。微生物検査の終えた腫瘍株数種を管理し、お客様のMTA事務手続きの代行から担癌マウス作製、納品までをご提供致します。

<販売体制>



↓プリントアウト用pdfはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

実験動物や関連の飼料、器材、受託業務に関するご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。