微生物学的クリーニング

受託業務//

微生物学的クリーニング

微生物学的クリーニング

ご提供いただきました対象動物または凍結胚から、SPF動物(弊社基準)や無菌(Gf)動物を作出致します。4pairs以内の小型ビニールアイソレーター(VI)1台の通常規模から生産用タネ動物作出の為の大規模クリーニングまで対応出来ます。

  • クリーニング対象動物をご提供いただき凍結胚の作製を致します。
  • レシピエントに凍結胚を融解、移植して帝王切開により子宮を摘出致します。
  • 手術用VIにて胎仔を摘出・蘇生後、小型VIまたは大型VIにて里親哺育を実施します。
  • 離乳後、微生物学検査を実施して弊社SPF基準またはGf基準を満たしている事を確認致します。

  • 凍結胚・凍結精子での提供も承ります
  • 1系統あたり繁殖可能な雄3匹を無償でご提供下さい。
  • 採卵数は1系統あたり、100~150個を想定しています。
  • 胚移植後、余った受精卵は御返却いたします。
  • 1系統あたりレシピエント3匹への移植、18匹の産仔(雄9匹雌9匹)を想定しています。
  • 微生物検査は公益財団法人実験動物中央研究所ICLASモニタリングセンターで実施致します。

※免疫不全動物に相当する微生物検査項目をご希望の場合は別途お見積り致します。

凍結胚からの個体作出

  • 研究に必要なマウスをご希望の規模で作出いたします。
  • 凍結胚作製と組み合わせた微生物学的クリーニングも可能です。
  • 作出した個体の中から遺伝子型や週齢等をご指定戴き、納品する動物をお選びいただけます。

詳細問合せ 

  1. 日本クレアにご連絡下さい。
      →コンタクト
      (弊社担当営業に直接コンタクト戴いても構いません)
  2. ミーティングのアポイントメントを確定後、弊社営業がお伺いいたします。

プロモーション情報

 

商材検索