遺伝的コントロール

実験動物/生産・供給とその特徴/

遺伝的コントロール

遺伝子コントロール

日本クレアで生産供給している近交系、ミュータント系マウス・ラットの主要系統は、1~3年に1回「遺伝モニタリング」を実施して、遺伝的プロファイルが確認されています。これ以外にも日常の観察を厳重に行い、毛色・行動・繁殖成績・成長・自然発生異常の変化等、遺伝的異常の疑われる徴候が見られた時は、臨時の遺伝モニタリングを直ちに実施する体制が取られています。

プロモーション情報

 

商材検索