遺伝的コントロール

実験動物/生産・供給とその特徴/

遺伝的コントロール

遺伝子コントロール

日本クレアで生産供給している近交系、ミュータント系マウス・ラットの主要系統は、1~3年に1回「遺伝モニタリング」を実施して、遺伝的プロファイルが確認されています。これ以外にも日常の観察を厳重に行い、毛色・行動・繁殖成績・成長・自然発生異常の変化等、遺伝的異常の疑われる徴候が見られた時は、臨時の遺伝モニタリングを直ちに実施する体制が取られています。

 
【生化学的標識遺伝子】
  マウス ラット  
遺伝子記号 染色体No. 遺伝子記号 染色体No.
 Idh1 1  Hbb 1
 Pep3  1  Amy1  2
 Akp1 1  Svp1  3
 Car2  3  Acon1  5
 Mup1  4  Mup1  5
 G6pd1(Gpd1)  4  Es6  8
 Pgm1  5  Alp(Akp1)  9
 Ldr1  6  Alpi(Alp1)  9
 Gpi1  7  Fh1  13
 Hbb  7  Gc  14
 Es1  8  Es1  19
 Es2  8  Es2  19
 Mod1 9  Es3 19
 Trf 9  Es4 19
 Hba 11  Es7 19
 Es3 11  Es8 19
 Es10 14  Es9 19
 Pnp(Np1) 14  Es10 19
 Glo1 17  Es14 19


【免疫遺伝子科学的標識遺伝子】 
  マウス ラット  
遺伝子記号 染色体No. 遺伝子記号 染色体No.
 Hc 2  RT1-A(RT1) 20
 CD8a(Ly2)  6  
 CD8b(Ly3)  6
 Thy1  9
 IghC  12
 H2-K  17
 H2-D  17
 C3  17
 CD5(Ly1)  19

プロモーション情報

 

商材検索