C57BL/6JJcl
C57BL/6NJcl

実験動物/近交系/

C57BL/6JJcl<br>C57BL/6NJcl

Ordering name: C57BL/6JJcl
C57BL/6NJcl
Nomenclature: C57BL/6JJcl, C57BL/6NJcl
維持形態:生体コロニー

由来

1921年、Lathropが持っていたマウスをLittelが入手し、雌57と雄52の交配に由来し毛色がBlackに固定されたものをC57BLと命名、その6番目の亜系統C57BL/6が1947年にジャクソン研究所に導入されC57BL/6Jとなりました。NIHはジャクソン研究所からC57BL/6Jを導入し、C57BL/6Nとして維持してきました。C57BL/6Nは、1978年にF121でNIHから(公財)実験動物中央研究所に導入され、1988年にF121+25で日本クレア(株)に導入。また、C57BL/6J*は、1989年にF166でジャクソン研究所から日本クレア(株)に導入して生産供給を開始しました。
(*This substrain is at least (a number>20 by definition) generations removed from the originating JAX? Mice strain and has NOT been re-infused with pedigreed stock from The Jackson Laboratory.)

[凍結保存暦]
C57BL/6JJcl:
(1)F174(F166+8),1991年1月凍結
(2)F179(F166+13),1995年9月凍結
C57BL/6NJcl:
F152(F121+25+6),1992年7月凍結

[2002年 8月時点の世代数]
C57BL/6JJcl:F187(F166+8+13)
C57BL/6NJcl:F163(F121+25+17)

特徴

黒色(aa BB CC DD)の体毛を持つマウスで、発育はC57BL/6NJclの方がやや良好ですが、遺伝的性状その他に、両亜系統間で顕著な差は見られません。また、B6系特有の脱毛の発生率も両亜系統間ではほぼ同等に発生します。

用途

乳ガン低発で外因的な腫瘍誘発に対して抵抗性を持つことで知られ、ガン・免疫研究をはじめ、毒性・微生物分野など幅広く使用されています。また最近は発生工学の胚提供用マウスとしても使用されています。

背景データ (体重・血液性状・血液生化学・器官重量)

プロモーション情報

 

商材検索