F344/NJcl-rnu/rnu

実験動物/免疫不全モデル/

F344/NJcl-<i>rnu/rnu</i>

Ordering name: F344/NJcl-rnu/rnu
Nomenclature: F344/NJcl.Cg-Foxn1rnu
維持形態:生体コロニー

由来

イギリスの、Rowett研究所の、outbredのHoodedラットのコロニーで偶然に発見され、遺伝記号はrnuと命名されました。 (公財)実験動物中央研究所がこのラットを導入し、近交系ラットF344/Nにバッククロスを行い、当社における生産・供給を開発しました。

特徴

単一劣性遺伝子rnuの支配により、ホモ個体(rnu/rnu)では解剖学的に無胸腺・外見的に無毛で(組織学的には毛包が認められ、生後6週齢頃には被毛を持つ個体が多い)、免疫学的にT細胞機能が欠如しています。ヌードマウスより大型であるため、多量の腫瘍細胞が採取でき、腫瘍によっては転移が見られます。静脈注射による抗ガン剤の投与や腫瘍細胞の移植が可能である等、ヌードマウスには見られない有用性があります。

用途

  • 各種免疫・ガン研究
  • 抗ガン剤スクリーニング
  • 微生物学研究等

背景データ (体重・血液性状・血液生化学・器官重量)

プロモーション情報

 

商材検索