SDT/Jcl

実験動物/糖尿病モデル/

SDT/Jcl

Ordering name: SDT/Jcl
Nomenclature: SDT/Jcl
維持形態:生体コロニー

由来

SDT (Spontaneously Diabetic Torii) ラットは、鳥居薬品株式会社研究所の篠原雅巳博士が長期飼育中のSprague-Dawley系ラットの中から多飲、多食、多尿、尿糖を呈するオス個体を発見し、1997年に系統確立された非肥満2型糖尿病モデルです。本ラットは鳥居薬品株式会社から当社に導入され、2005年にSDT/Jclとして生産・供給を開始しました。


        ▼日本語版▼sdt_pdf_thumbnail.png
    ▽英語版(English version)▽sdt_pdf_thumbnail_e.png
参考文献 (References)

背景データ (体重・血液性状・血液生化学・器官重量)

プロモーション情報

 

商材検索