実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
KK/TaJcl
 
 KKマウスは、近藤らが遺伝研究の目的で維持していた尾曲がりを発現するマウス(埼玉県春日部を起源とするマウスのKラインであることからKKマウスと命名された)の中に、高血糖を呈する数個体を中村らが発見し、2型糖尿病モデルとして注目されました。武田薬品工業(株)に導入され、SPF化と有用性の開発が行われ、当社で生産供給を開始しました。
<Ta>は武田薬品工業(株)の由来を示しています。
 
 KKマウスのオスは、一般飼料でも生後17〜18週齢で80%前後が尿糖陽性を示しますが、<高炭水化物・高脂肪の精製飼料>を与えると、さらに早期に血糖値が上昇し尿糖陽性を呈します。血糖値の上昇は体重が35〜40gを越える頃に発現することから、体脂肪の蓄積(肥満)が高血糖発症の一義的役割を果たしていると考えられます。これらの症状は、複数の遺伝子の関与によって発症すると考えられます。
 メスマウスでは、これらの糖尿病症状は軽度にしか発症しません。
 
2型糖尿病の発症機構の解析究明
 
SDT fatty